二胡について

はじめに

日本ではこの十数年の間に、中国民族楽器の代表の一つである「二胡」が急速に普及いたしました。 二胡の音楽は舞台、テレビ、映画、広告等に広範に使用され、また、二胡を学ぶ方も急速に増えております。老若男女にかかわらず、都市から地方まで、「二胡」は日本人の生活の中に深く根ざし、溶け込み、そして二胡音楽の魅力はますます多くの日本人に受け入れられるようになってきました。

このコーナーでは、「二胡」がどんな楽器であるかをご説明するとともに、習得に関わる情報をお知らせいたします。

まず、楽器の種類と呼び方について少々ご説明いたしましょう。

二胡
中国の擦弦楽器、「胡琴属」の一つ、または「胡琴」を指す
日本語読み :にこ
中国語読み :Erhu(アルフー)
英語表記 :erhu, chinese fiddle

※「胡弓」について

「二胡」は、日本では「胡弓」(こきゅう)と呼ばれることも多いようですが、実はわが国には「胡弓」という楽器が別に存在いたします。「胡弓」は、弓を回転させずに楽器本体の角度を変えて移弦するなど、「二胡」とは形態も奏法もまるで違う楽器です。日本には文禄年間に伝わり、京阪では三絃、江戸では四絃の胡弓が使われました。三曲合奏(邦楽:箏、三絃、胡弓の合奏、現在は胡弓ではなく尺八の場合が多い)で用いられることが多いようですが、独奏曲もあり、また最近では”風の盆”で人気が高まるなど、その儚げで哀愁をたたえた音色は現代に於いて再び見直され、ポピュラーな存在になりつつあります。

(写真は江戸時代製「胡弓」の名器:坂田古典音楽研究所蔵)



二胡の歴史

伝来から1900年代初頭まで

「胡」という文字は、中国では「北方の異民族」または「西方の異民族」を指す言葉です。「二胡」は中国発祥の楽器ではなく、シルクロードを通って伝来した楽器であろうというのが現在有力な説です。では、まず擦弦楽器の歴史をたどってみましょう。

擦弦楽器は、紀元前にインドあたりで発生しました。紀元後になるとアラビア半島で盛んに使用されていたようです。この楽器は「ラバーブ」とか「レバーブ」という名称でした。その後、半島を中心として、イスラム教の発展に伴い、東西に広まります。西に広まったものは、今日のヴァイオリンとなりました。そして東には、三弦系がインド、東南アジア、中国南部、琉球、日本へと広まります(前述の「胡弓」)。二弦系は中央アジア、中国へと広まりました。

この二弦系の楽器は、木ないし竹の円筒形胴を持ち片面を皮(にしきへび)で張るものと、木の実などを半分に割ってその面に皮とか薄い板をかぶせるものの二種類で、前者を「胡琴」、後者を「提琴」・「椀胡」・「椰胡」などともよびます。

さて、中国で初めて擦弦楽器が歴史に登場するのは、唐代(618−907)とされています。この時はまだ、ねかした弦楽器を棒でこすり音を出していました。この楽器は「軋箏」(あつそう)といいます。しかし、このころ「胡琴」という言葉は琵琶類を指していたようです。

宋代(960−1279)に入ると、ようやく立てて弾く「二胡」の原型が登場します。11世紀後半の文献「事林広記」に、その「奚琴」(けいきん)という楽器についての記述があります。竹の棹、竹のスティックで擦るという楽器でした。また南宋の陳暘著「楽書」にはその図(右図参照)も記されています。そして、北宋の沈括著「夢渓筆談」第五に、11世紀の終わり頃、北西部の辺境に駐屯していた軍隊の間で、馬尾の毛で擦る楽器が流行していたと書かれています。


元代(1127-1279)には初めて二弦で弓を用いて弾く楽器として「胡琴」の名が登場(「元史・礼楽史」)、明代(1368−1644)に入ると、現在の形状にかなり近づいた楽器が絵画(尤子求画:「麟堂秋宴図」左図参照)に見ることができます。


明代末、清代(1644-1912)になると、「胡琴」は各地方劇と大衆芸能の発展につれてその伴奏に使われるようになり、中国全土に広まっていきました。形も各地方の音楽の特徴を表現する必要があったために改良がなされ、様々な胡琴が誕生しました。よく知られているものでは、京劇の「京胡」、広東省粤劇の「高胡」、陝西省秦腔の「板胡」、江南地方の「南胡」等があげられます。この「南胡」が中国全土に広まり、後に呼び名が「二胡」とかわっていきました。

1920年頃から現在まで

20世紀に入り、中国にも西洋音楽が流入します。1920年代には、劉天華(1895−1932)によりヴァイオリンの奏法を取り入れた新しい演奏技術が生まれました。また彼は、初めて音楽学校の正式な課程として二胡の専攻科目を設け、多くの独奏曲を作曲しました。伴奏楽器であった二胡は独奏楽器としての地位を確立していきました。

1950年代に入ると楽器の改良が進みます。それまで絹でできていた弦を金属に改良、音量も大きくなりました。その他にも、全体に渡って様々な改良が加えられました。 (現在もいろいろな試みがなされ改良は続いています。)
また、この頃には独奏曲も数多く作曲されました。

文化大革命(1966-1976)の間は民族音楽も軽視されたために大学が封鎖されるなどの状況にありましたが、終結後は地方の音楽大学でも演奏家の育成に力がいれられるなど、より一層の演奏家の技術の向上がみられるようになりました。それに伴い、大曲の完成、また民族音楽だけでなくクラシックやポピュラー音楽も演奏されるようになり、現在に至っています。

主な作曲家

劉天華(1895-1932)

阿炳(華彦鈞)(1893-1950)

孫文明(1928-1962)

▲ このページTOPへ

二胡の構造

全体
下部 上部
胴 側面 胴 背面

解説

本体

■棹(琴桿)
紫檀、紅木、黒檀、花梨木などの堅い木材で作られます。

■胴(琴筒)
二胡の共鳴箱で、たいていは棹と同じ木材を使います。密度の高い、堅い木材のほうが音色がよくなります。六角形あるいは八角形のものが多いですが円形、楕円形などのものもあります。

■皮(琴皮)
材料はニシキヘビの皮です。弦の振動は駒を通り皮に伝わります。皮の品質はとても重要で二胡の命ともいわれます。

■糸巻き(琴軸)
棹や胴と同じ木材で作るのが一般的です。大別すると、木製のタイプと棹に差し込む部分に金属製の部品を使ったタイプの2種類があります。

■駒(琴碼)
色々な木材で作られます。駒の材質も音色を左右するので、二胡に合わせながら駒を選ばれるとよいでしょう。

■千斤(または千金)
紐を使ったタイプ、または金属などを使った固定のタイプがあります。手の大きさにより位置を調節します。

■弦(琴弦)
スチール弦と絹弦の二種類があります。現在では絹弦はほとんど使われていません。二本の弦のうち、細いほうは"外弦"といい、太いほうは"内弦"(里弦)といいます。普通は内弦をd、外弦をaの音に合わせます。

■響き止め(控制綿)
フェルトやゴム製のスポンジを使用するのが一般的です。雑音を取り去るなど、音色を調節します。

■琴托
台座です。これがあることで楽器が安定し、衣服による音の変化を防げます。

弓(琴弓)

竹と馬の尾毛で作られています。竹の右端のネジをまわして、弾きやすいように張力を調整します。

▲ このページTOPへ

二胡の仲間たち

京胡
京劇で用います。竹でできており、大きさは二胡よりもとても小さいです。
高胡
広東音楽で使われます。琴筒を両腿で挟み演奏します。
中胡
西洋の楽器にたとえればヴィオラ、二胡よりも少し大きく、音は普通、内弦をa、外弦をeに合わせます。
低胡
中胡より一段と低い音が出る楽器です。
板胡
椰子の実を半分に割って、その面に蛇皮ではなく板を張った楽器です。
二泉琴
二泉映月(阿炳作曲)を弾くためにつくられた楽器です。普通は内弦をg、外弦をdに合わせます。
三胡
竹でできている小さな楽器で、弦は3本です。雲南や昆明あたりで使われ、踊りながら演奏ができます。
四胡
弦は4本、弓の毛は二股に分かれ、二本の弦を同時に擦り演奏します。北方の「皮影劇」などで使われます。
静胡
二胡の性能、特徴を保ちながら、音量を極力抑え、周りを気にせず、静かに練習が出来るエレキ静音二胡

入手方法

国内

中国楽器専門店の他にも二胡を扱う楽器店が最近ではかなり増えてまいりました。 お近くの楽器店さんへお問い合わせをされるか、インターネットのホームページ、書籍等でお探しになるのが一番簡単な方法です。 教室へ通われる場合には各教室でお確かめ下さい。斡旋、紹介の場合がございます。 また、当振興会会員の楽器販売店については、会員リンク集のページをご覧ください

中国

都市部の、大きな楽器店もしくは民族楽器店では、たいてい二胡を扱っています。
なお、中国で購入し、日本へ持ち帰る際には、手続きが必要です。(次項参照)
2004年7月から手続きに必要になりました「二胡収蔵証」と、そこに記されている番号と同じ番号が楽器本体に刻印されているかどうか(2005年頃から手続きに必要)が大事なポイントの一つとなりますので、購入時に必ず確認して下さい。

中国から持ち帰る場合の手続きについて

中国で購入した二胡を日本へ持ち帰った場合、税関でワシントン条約違反のため没収されてしまいます。これは、二胡に使われている”ニシキヘビ”の皮が、中国の国家一級重要保護動物CITES(ワシントン条約)に該当しているためです。中国政府が発行する証明書を必ず入手し帰国して下さい。

ワシントン条約について
ワシントン条約(CITES)(「絶滅のおそれのある野生動植物の種の国際取引に関する条約」)は、野生動植物の国際取引の規制を輸出国と輸入国とが協力して実施することにより、採取・捕獲を抑制して絶滅のおそれのある野生動植物の保護をはかることを目的とした国際的な条約です。条約本文に規制の対象となる動植物のリスト「付属書」がついており、規制が厳しい順に「付属書T」「付属書U」「付属書V」に分かれています。
二胡に使われている”ニシキヘビ”は「付属書II」に含まれています。これには「国際取引を規制しないと絶滅のおそれのある種」が掲げられており、商業目的の取引には輸出国政府の管理当局が発行する輸出許可書が必要になります。

●新規購入の場合
 手続きの詳細につきましては以下のホームページをご参照下さい。
 注意! 二胡に対する国際取引の規制は、頻繁に変更があります。 最新情報で確認してください
2007年6月現在、北京と上海の2カ所で手続きが可能なようです。
上海日本国総領事館からのお知らせ
瀋陽日本国総領事館からのお知らせ
※2004年7月より、これまでの手続きに加え、二胡収蔵証カード(名刺大)が必要になりました。二胡の正規販売店でのみ、購入の際にこのカードが添付されます(有料)。
裏面のシールには、一本一本別の番号が記されています。
また、この収蔵証カード裏面シールの番号と同じ番号が、二胡本体(皮を張った筒の部分)に刻印されていることも併せて確認して下さい。現在、こちらも手続きに必要です。

他、ご不明な点は、関係各省庁、出入国予定の税関などへお問い合わせ下さい。
税関ホームページ
経済産業省ホームページより

●日本から持ち出す場合
持ち出す予定のある方は、事前に上記関係各省庁および出入国予定の税関などへのお問い合わせをお勧めいたします。

▲ このページTOPへ

教室・学校

現在、演奏家もしくは教師が個人で営む教室、楽器店主催の教室、またはカルチャースクールなど、都市部だけでなく全国にまたがってかなりの数にのぼる教室がございます。 インターネットのホームページ、書籍、楽器店などでお探しになられるとよいでしょう。
二胡振興会会員のリンクのページにも情報が載っています。

▲ このページTOPへ

二胡の楽譜について

数字譜

五線譜ではなく、数字譜を用いるのが一般的です。
数字譜は、「ドレミ・・・シ」を数字の「123・・・7」に置き換えたもので、調性は楽譜の先頭におかれた記号で判断します。実音での記譜法ではなく、いわゆる「移動ド」です。

参考資料

「胡弓簡史」 坂田進一氏著


入会案内 | ご意見ご要望 | リンク
Copyright (c) 特定非営利活動法人 日本二胡振興会